海外出張中に個人情報を保存したノートパソコン等が盗難被害に(徳島大学) | ScanNetSecurity
2019.12.10(火)

海外出張中に個人情報を保存したノートパソコン等が盗難被害に(徳島大学)

国立大学法人徳島大学は11月20日、徳島大学病院産科婦人科の医師が海外出張中に個人情報を保存したノートパソコン等を収めた鞄が盗難の被害に遭ったことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
国立大学法人徳島大学は11月20日、徳島大学病院産科婦人科の医師が海外出張中に個人情報を保存したノートパソコン等を収めた鞄が盗難の被害に遭ったことが判明したと発表した。

これは同学大学院医歯薬学研究部所属の医師が海外出張中、11月1日現地時間午後8時頃にノートパソコンと業務用携帯電話を収めた鞄が盗難被害に遭ったというもの。

盗難被害にあったノートパソコンには患者の個人情報3,217件が、業務用携帯電話には同学の教職員情報約1,000件が保存されていた。なお現時点で外部に個人情報が流出したという情報は第三者に不正使用された事実は確認されていない。

同学では今後、全職員に対し改めて個人情報が含まれたデータ等についての外部持出厳禁を周知徹底し再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×