「Anti-Threat Toolkit」に任意コード実行の脆弱性(トレンドマイクロ、JVN) | ScanNetSecurity
2020.06.07(日)

「Anti-Threat Toolkit」に任意コード実行の脆弱性(トレンドマイクロ、JVN)

トレンドマイクロは、「Anti-Threat Toolkitの脆弱性、CVE-2019-9491について」をアラート/アドバイザリ情報として発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
トレンドマイクロ株式会社は10月28日、「Anti-Threat Toolkitの脆弱性、CVE-2019-9491について」をアラート/アドバイザリ情報として発表した。独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)もこれを受け、「Trend Micro Anti-Threat Toolkit (ATTK) における任意のコード実行が可能な脆弱性」を11月11日に「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表している。

「Anti-Threat Toolkit (ATTK) 1.62.0.1218 およびそれ以前」には、実行フォルダ配下に特定の不正なファイルを配置することで、任意のコードが実行可能な脆弱性(CVE-2019-9491)の脆弱性が存在する。この脆弱性が悪用されると、第三者によって、実行フォルダ配下に配置された不正なファイルを介して、任意のコードを実行される可能性がある。トレンドマイクロでは、同脆弱性を解消する新バージョンをリリースしており、早期の適用を呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×