メール整理中に操作を誤り登録アドレス全員にメール送信(札幌大学) | ScanNetSecurity
2019.10.23(水)

メール整理中に操作を誤り登録アドレス全員にメール送信(札幌大学)

札幌大学は9月20日、同学教員が誤ってパソコンに登録しているメールアドレスの全員宛てに互いのメールアドレスが表示される形でメールを一斉送信したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
札幌大学は9月20日、同学教員が誤ってパソコンに登録しているメールアドレスの全員宛てに互いのメールアドレスが表示される形でメールを一斉送信したことが判明したと発表した。

これは9月19日午前9時19分に、同学教員がパソコンに保存された古いメールを整理していた際に、操作を誤り受信者に互いのメールアドレスが表示された状態で当該メールを282人に一斉送信したというもの。

流出したのは、同学教職員と同学卒業生ほか関係者282人分のメールアドレスに加え39人分の所属先等の属性及び1人の携帯電話番号。なお、現時点でのメールアドレスの不正使用の事実は確認されていない。

当該教員は送信後すぐに、また大学から9月20日に、送信者に対して謝罪と誤送信メールの削除をメールにて依頼した。

同学では当該教員に厳重注意を行うとともに、教職員に個人情報保護の徹底を図り再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×