委託会社が個人情報が記載された資料を紛失(中部電力 岐阜支店) | ScanNetSecurity
2020.06.05(金)

委託会社が個人情報が記載された資料を紛失(中部電力 岐阜支店)

中部電力株式会社岐阜支店は8月30日、同社が顧客の設備の調査業務を委託している羽島市内の会社が個人情報が記載された資料を紛失したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
中部電力株式会社岐阜支店は8月30日、同社が顧客の設備の調査業務を委託している羽島市内の会社が個人情報が記載された資料を紛失したことが判明したと発表した。

これは8月30日午前8時30分頃に、委託会社にて顧客の個人情報が記載された資料の紛失が判明したというもので、捜索を開始するとともに、同日午後10時30分頃に羽島警察署正木交番に遺失届を届出した。

紛失したのは、各務原市内の顧客629契約分の個人情報(氏名、電話番号、建物名と部屋番号、契約内容)が記載された資料。

同社では引き続き資料の捜索を行うとともに、対象の顧客に対して、早期に訪問等で説明と謝罪をする予定。

同社では今後、個人情報保護の厳重で適正な管理を徹底し再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×