HTTP/2実装に、DoS攻撃を受ける複数の問題(JVN) | ScanNetSecurity
2019.11.21(木)

HTTP/2実装に、DoS攻撃を受ける複数の問題(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、HTTP/2実装に対する、さまざまなサービス運用妨害(DoS)攻撃手法が報告されていると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月14日、HTTP/2実装に対する、さまざまなサービス運用妨害(DoS)攻撃手法が報告されていると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

HTTP/2通信の処理は、HTTP/1.1通信の処理と比較して多くのリソースが必要であり、RFC7540のSecurity ConsiderationsセクションにおいてもDoS状態に関する検討が行われている。しかし、その対策については実装者に任されており、これが次の問題につながっている。

・Data Dribble(CVE-2019-9511)
・Ping Flood(CVE-2019-9512)
・Resource Loop(CVE-2019-9513)
・Reset Flood(CVE-2019-9514)
・Settings Flood(CVE-2019-9515)
・0-Length Headers Leak(CVE-2019-9516)
・Internal Data Buffering(CVE-2019-9517)
・Empty Frame Flooding(CVE-2019-9518)

これらの攻撃手法により、Distributed DoS(DDoS)攻撃が行われる可能性がある。JVNでは、各 HTTP/2 実装者が提供するアップデートを適用するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×