東南アジアのAPT攻撃減少するも、韓国への攻撃は多く発生--APTレポート(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.23(金)

東南アジアのAPT攻撃減少するも、韓国への攻撃は多く発生--APTレポート(カスペルスキー)

カスペルスキーは、Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム(GReAT)による「APTレポート: 2019年第2四半期」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社カスペルスキーは8月8日、Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム(GReAT)による「APTレポート: 2019年第2四半期」を発表した。レポートによると同期間、ペルシャ語話者のサイバー犯罪集団として知られる「OilRig」と「MuddyWater」に属するとされる情報(コード、インフラストラクチャ、グループ、および標的の詳細など)が、数週間の間にオンライン上で続々と流出した。

漏えいした情報を分析した結果、Hadesというサイバー犯罪組織がこの漏えいに関連している可能性がある。Hadesは、「ExPetr」や2018年の冬季オリンピックを標的とした「OlympicDestroyer」、2017年のフランス大統領選挙戦での、エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)氏に関連するメールの漏えいなど、さまざまな虚偽情報の拡散にも関わっていると言われている。

レポートではこのほか、ロシア語話者のサイバー犯罪組織が継続的にツールを改良して新しいツールを編み出し、攻撃を続けていることや、東南アジアでの攻撃は前四半期より減少する一方で、「Lazarus」によるモバイルゲーム企業を標的とした攻撃など、韓国への攻撃は数多く発生し続けていること、Lazarusのサブグループである「BlueNoroff」による、バングラデシュの銀行と暗号資産(仮想通貨)を標的とした攻撃などを確認している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×