大学教員が前職都立高校在籍時に作成したMLへメール送信(明海大学) | ScanNetSecurity
2019.10.17(木)

大学教員が前職都立高校在籍時に作成したMLへメール送信(明海大学)

明海大学は7月12日、中学・高校教員向けのセミナー「英語授業改革セミナー」の案内送付の際、不正に持ち出した都立高校英語科教員のメールアドレス宛に送信したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
明海大学は7月12日、中学・高校教員向けのセミナー「英語授業改革セミナー」の案内送付の際、不正に持ち出した都立高校英語科教員のメールアドレス宛に送信したことが判明したと発表した。

これは2019年3月末日まで都立高校に教員として勤務していた同学の教員が、前職在任中に東京都高度情報化推進システム(TAIMS)登録の教職員メールアドレスを基に作成した都立高校英語科教員メーリングリストを、前職退職後に利用し「英語授業改革セミナー」の案内文を約1,500名の英語科教員に送付したというもの。

同学では、学長から当該教員に対して厳重注意のうえ当該メーリングリストを削除した。

同学では今後、全教職員に対し個人情報の保護等、情報の適切な取扱いについて研修を実施し徹底を図り再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×