就業の確認メールを誤送信、23名のアドレスが流出(KOSMO) | ScanNetSecurity
2019.11.20(水)

就業の確認メールを誤送信、23名のアドレスが流出(KOSMO)

派遣・正社員の仕事を斡旋する株式会社KOSMOは6月21日、同社が保有するメールアドレスを誤って表示させる事故が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
派遣・正社員の仕事を斡旋する株式会社KOSMOは6月21日、同社が保有するメールアドレスを誤って表示させる事故が発生したと発表した。

これは6月18日午前10時頃に、同社より2019年3・4月に稼働歴がある23名のスタッフに対し7月の就業の確認メールを一斉送信した際に、宛先のメールアドレスを誤って「CC」欄に入力し、受信者に互いのアドレスが表示された状態になったというもの。同日午後7時50分頃に、メールの受信者から問い合わせがあり同社の担当者が状況を把握、該当スタッフへお詫びと当該メールの削除を依頼した。

同社では今後、個人情報を含む重要なメールの送信や複数の宛先に一斉メールを送信する際に遵守すべき事項を改めて周知徹底し、再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×