Webフィルタリングソフトの新版、連携によりSSL通信内容監査機能を提供(ALSI) | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

Webフィルタリングソフトの新版、連携によりSSL通信内容監査機能を提供(ALSI)

ALSIは、Webフィルタリングソフトをバージョンアップし、「InterSafe WebFilter(インターセーフ ウェブフィルター)Ver. 9.1」として販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI)は7月1日、Webフィルタリングソフトをバージョンアップし、「InterSafe WebFilter(インターセーフ ウェブフィルター)Ver. 9.1」として同日より販売を開始した。新バージョンでは、HTTPS化(SSL化)による暗号化を逆手に取り攻撃を隠ぺい、検知を回避するサイバー攻撃に対し、SSL通信内容監査機能を提供する。

SSL通信内容監査機能は、A10ネットワークスが提供するハイパフォーマンスセキュリティプラットフォーム「A10 Thunder CFW」との連携強化により実現する。また、管理者側からのアクセス制御によるシャドーIT(私的Webサービス利用)対策の強化を図ったほか、未分類サイトに対する無害化を実現するWeb Isolation製品との連携が可能となり、最新のWeb利用動向に対応した、多角的な情報漏えい対策を実現するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×