Webフィルタリングソフトの新版、連携によりSSL通信内容監査機能を提供(ALSI) | ScanNetSecurity
2019.11.13(水)

Webフィルタリングソフトの新版、連携によりSSL通信内容監査機能を提供(ALSI)

ALSIは、Webフィルタリングソフトをバージョンアップし、「InterSafe WebFilter(インターセーフ ウェブフィルター)Ver. 9.1」として販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI)は7月1日、Webフィルタリングソフトをバージョンアップし、「InterSafe WebFilter(インターセーフ ウェブフィルター)Ver. 9.1」として同日より販売を開始した。新バージョンでは、HTTPS化(SSL化)による暗号化を逆手に取り攻撃を隠ぺい、検知を回避するサイバー攻撃に対し、SSL通信内容監査機能を提供する。

SSL通信内容監査機能は、A10ネットワークスが提供するハイパフォーマンスセキュリティプラットフォーム「A10 Thunder CFW」との連携強化により実現する。また、管理者側からのアクセス制御によるシャドーIT(私的Webサービス利用)対策の強化を図ったほか、未分類サイトに対する無害化を実現するWeb Isolation製品との連携が可能となり、最新のWeb利用動向に対応した、多角的な情報漏えい対策を実現するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×