学生の個人情報が保存されたUSBメモリを専任教員が紛失(東洋大学) | ScanNetSecurity
2023.09.21(木)

学生の個人情報が保存されたUSBメモリを専任教員が紛失(東洋大学)

東洋大学は6月26日、同学に勤務する専任教員が学生の個人情報が保存されたUSBメモリを紛失したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
東洋大学は6月26日、同学に勤務する専任教員が学生の個人情報が保存されたUSBメモリを紛失したことが判明したと発表した。

同学では、関係機関に報告を行うとともに、紛失した経緯や保存されていたデータの詳細の調査を進めており、当該授業の履修者へも、同学の対応について書面で連絡を行う予定。

同学では今後、全教職員に対して個人情報の厳格な管理を徹底し、再発防止と学生へのケアに全力を尽くすとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×