「Firefox」にクラッシュを引き起こされる脆弱性、攻撃も確認(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2019.11.22(金)

「Firefox」にクラッシュを引き起こされる脆弱性、攻撃も確認(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、「Firefox の脆弱性 (CVE-2019-11707) に関する注意喚起」を発表した。これはMozilla社が脆弱性に関する情報を公開したことを受けたもの。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は6月19日、「Firefox の脆弱性 (CVE-2019-11707) に関する注意喚起」を発表した。これはMozilla社が脆弱性に関する情報を公開したことを受けたもの。Mozillaによると、この脆弱性を悪用した攻撃をすでに確認しているという。

対象となるバージョンは次の通り。

・Firefox 67.0.3 より前のバージョン
・Firefox ESR 60.7.1 より前のバージョン

これらのバージョンのFirefoxには、Array.popが原因でJavaScriptのコードを処理する際に、クラッシュを引き起こすなどの可能性のある脆弱性(CVE-2019-11707)が存在する。Firefoxでは脆弱性を修正したパッチを公開しており、JPCERT/CCでは十分なテストを実施の上で修正済みのパッチの適用を検討するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×