Slack に不正に情報入手される脆弱性、バージョン3.4.0 で対応済(テナブル) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.22(日)

Slack に不正に情報入手される脆弱性、バージョン3.4.0 で対応済(テナブル)

テナブルは、データサイエンスチーム「Tenable Research」が、ビジネスチャットサービス「Slack」のWindows用デスクトップアプリケーションの脆弱性を発見したと発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
Tenable Network Security Japan K.K.(テナブル)は5月27日、米Tenable Network Security社が結成したデータサイエンスチーム「Tenable Research」が、ビジネスチャットサービス「Slack」のWindows用デスクトップアプリケーションの脆弱性を発見したと発表した。攻撃者は、巧妙に作ったハイパーリンクをSlackのメッセージを通して送信することで、ドキュメントのダウンロード先を攻撃者の所有するサーバへと変更することができる。

この脆弱性は、Slackのバージョン3.3.7において発見されたもの。攻撃者にこの脆弱性を悪用されると、ユーザがSlack内でドキュメントをダウンロードした際に、ファイルの格納先を変更することで、情報を不正に入手・改ざんされる可能性がある。Slackは、この脆弱性に対応したバージョン3.4.0をリリースしており、ユーザに対して最新バージョンに更新されているかを至急確認するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×