Slack に不正に情報入手される脆弱性、バージョン3.4.0 で対応済(テナブル) | ScanNetSecurity
2022.05.20(金)

Slack に不正に情報入手される脆弱性、バージョン3.4.0 で対応済(テナブル)

テナブルは、データサイエンスチーム「Tenable Research」が、ビジネスチャットサービス「Slack」のWindows用デスクトップアプリケーションの脆弱性を発見したと発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
Tenable Network Security Japan K.K.(テナブル)は5月27日、米Tenable Network Security社が結成したデータサイエンスチーム「Tenable Research」が、ビジネスチャットサービス「Slack」のWindows用デスクトップアプリケーションの脆弱性を発見したと発表した。攻撃者は、巧妙に作ったハイパーリンクをSlackのメッセージを通して送信することで、ドキュメントのダウンロード先を攻撃者の所有するサーバへと変更することができる。

この脆弱性は、Slackのバージョン3.3.7において発見されたもの。攻撃者にこの脆弱性を悪用されると、ユーザがSlack内でドキュメントをダウンロードした際に、ファイルの格納先を変更することで、情報を不正に入手・改ざんされる可能性がある。Slackは、この脆弱性に対応したバージョン3.4.0をリリースしており、ユーザに対して最新バージョンに更新されているかを至急確認するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×