佐川急便を騙るスミッシングの手口、日本郵便を騙るケースを確認(JC3) | ScanNetSecurity
2020.11.25(水)

佐川急便を騙るスミッシングの手口、日本郵便を騙るケースを確認(JC3)

JC3は、「運送系企業を装ったフィッシングの注意喚起」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は5月8日、「運送系企業を装ったフィッシングの注意喚起」を発表した。JC3では、スマートフォンのSMS(ショートメッセージサービス)を利用してフィッシングサイトに誘導する手口(スミッシング)を確認している。これまで、佐川急便を装い不在通知の偽メッセージを送って、同社の偽サイトへ誘導し、利用者に不正アプリのインストールやApple IDとパスワードを詐取する被害が発生していた。

今回、JC3では新たに、日本郵便を装ったSMSと同社を装った偽サイトを確認した。偽サイトのURLは、「hxxp://jppost-●●●.com」(httpをhxxpに変換)という特徴がある。今後、日本郵便を装ったスミッシング被害が発生する可能性がある。また、他の運送系企業をかたる手口へ拡大・移行していくことも予想されるとして、注意を呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×