シマンテックの後継としてDigiCert S/MIME証明書を発売(NJC、デジサート・ジャパン) | ScanNetSecurity
2019.10.16(水)

シマンテックの後継としてDigiCert S/MIME証明書を発売(NJC、デジサート・ジャパン)

NJCとデジサート・ジャパンは、S/MIMEで利用可能な個人用電子証明書「DigiCert Class1 S/MIME 証明書」の販売を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本事務器株式会社(NJC)とデジサート・ジャパン合同会社は4月19日、S/MIMEで利用可能な個人用電子証明書「DigiCert Class1 S/MIME 証明書」を同日より販売を開始すると発表した。NJCが昨年サービスを終了した「Symantec PKI Class1 for バンドル」の後継サービスとして、S/MIME用途で利用していたユーザに同等の機能を提供するほか、電子メールのセキュリティニーズに対応する。

同証明書を、S/MIME対応の電子メールソフトと組み合わせて利用することで、特定の相手に対し「電子署名」や「暗号化メール」でのやり取りが可能となる。また、第三者による「フィッシング」や「盗聴」といった脅威への対策としても有効。標準販売価格は、1枚あたり3,000円(税別)。1枚からの購入も可能となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×