誤送信で晴海客船ターミナル「客船友の会」会員アドレス流出(東京都) | ScanNetSecurity
2019.11.20(水)

誤送信で晴海客船ターミナル「客船友の会」会員アドレス流出(東京都)

東京都は4月7日、晴海客船ターミナルの指定管理者である東京港埠頭株式会社にて、誤送信による個人情報の流出が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
東京都は4月7日、晴海客船ターミナルの指定管理者である東京港埠頭株式会社にて、誤送信による個人情報の流出が判明したと発表した。

これは4月7日午前9時49分に、同社の埠頭事業部臨港サービス事務所客船ターミナル係にて晴海客船ターミナル「客船友の会」の会員へ4月の入港スケジュール等を送付する際に、事務担当者が誤ってCC欄にメールアドレスを入力したために、受信者にアドレスが表示される状態で送信されたというもので、受信者からの連絡により誤送信が判明した。

流出したのは、晴海客船ターミナル「客船友の会」の会員のメールアドレス235名分。

同社では同日午前10時34分に、会員に対しメールにて謝罪と当該メールの削除を依頼、その後、電話にて謝罪とメール削除の依頼を連絡した。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×