マネージド型 クラウド型セキュリティサービス市場規模、CASB 急伸(ミック経済研究所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.04.21(日)

マネージド型 クラウド型セキュリティサービス市場規模、CASB 急伸(ミック経済研究所)

ミック経済研究所は、「情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望2019」を発刊したと発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社ミック経済研究所は4月8日、「情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望2019」を発刊したと発表した。価格は190,000円(税別)。今回、調査を実施した13分野の市場規模は、2017年度が1,038.3億円、2018年度が前年対比118.8%の1,233.1億円であった。2019年度は前年対比119.7%の1,476.4億円と拡大が続くと予測している。

サービスカテゴリ別での2018年度売上構成トップは、「セキュリティ監視・運用サービス」で、2018年度は前年対比117.2%の577.3億円、46.8%のウエイトを占めた。同カテゴリは近年、サイバー攻撃の多様化・高度化によってその検知、解析も非常に高度な専門性を要するものとなっており利用が拡大している。さらに、EDRなどの新たなセキュリティ製品を対象とした監視・運用サービスを提供するベンダも増えており、今後も市場は好調に推移すると見込んでいる。

また、2018年度に前年比80.5%と急激な成長を遂げているのが「CASB(Cloud Access Security Broker)サービス」であった。CASBは、従業員のクラウドサービス利用を把握しコントロールするもので、企業でのクラウドサービス利用の拡大を受けて、そのセキュリティ対策として認知が高まり、大手企業を中心に導入が進んでいる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×