特定健診受診者の健診データが保存されたUSBメモリを紛失(うつのみや病院) | ScanNetSecurity
2019.10.21(月)

特定健診受診者の健診データが保存されたUSBメモリを紛失(うつのみや病院)

独立行政法人地域医療機能推進機構うつのみや病院は3月29日、全国健康保険協会の特定健診受診者の健診データが保存されたUSBメモリを紛失したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
独立行政法人地域医療機能推進機構うつのみや病院は3月29日、全国健康保険協会の特定健診受診者の健診データが保存されたUSBメモリを紛失したことが判明したと発表した。

これは同院にて、看護研究用に用意した2012年及び2013年の全国健康保険協会の特定健診受診者のうち約700名の氏名、年齢、生年月日を含む健診データが保存されたUSBメモリを2019年2月25日から2月27日の間に紛失したことが判明したというもの。なお現時点で対象者の個人情報が流出した事実は確認されていない。

同院では警察へ遺失物届を提出し、関係場所を捜索したが発見には至っておらず、今後は対象者に直接、経緯の説明と謝罪を行う。

同院では今後、原則個人情報は持ち出さないこと、やむを得ず持ち出す場合は、セキュリティ機能付のUSBを使用しパスワード設定をしたうえで持ち出す等の運用規程を周知徹底し、セキュリティ機能付のUSB等の厳重な管理体制を整備し再発防止に取り組む。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×