Androidデバイスを狙うモバイルマルウェアの攻撃が増加(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.09.22(水)

Androidデバイスを狙うモバイルマルウェアの攻撃が増加(カスペルスキー)

カスペルスキーは、同社Kaspersky Labによる「2018年のモバイルマルウェアの調査レポート」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社カスペルスキーは3月28日、同社Kaspersky Labによる「2018年のモバイルマルウェアの調査レポート」を公開した。世界数百万人の任意のカスペルスキー製品ユーザから取得したサイバーセキュリティ関連のデータを処理する「Kaspersky Security Network(KSN)」から取得したデータをもとにしたもの。

レポートによると、2018年の1年間にAndroidデバイスを狙うモバイルマルウェアの攻撃に遭遇したユニークユーザは989万5,774人で、2017年の912万1,774人から増加した。検知した攻撃数も、2017年の6,640万件から2018年は1億1,650万件へと倍近くに増加している。

Androidにおけるモバイルランサムウェア攻撃は150カ国の80,638ユニークユーザで検知しており、モバイルランサムウェア型トロイの木馬は、60,176件を検知した。また、モバイルバンキング型トロイの木馬の検知数は151,359件で、2017年から6倍に増加している。悪意あるモバイル向け仮想通貨マイナーを使用した攻撃は、2017年の5倍であった。

同社ではAndroidユーザに対し、「Androidアプリは、Google Playなど公式ストアからインストールすること」「デバイス設定で、不明なソースからのインストールを無効にすること」「Androidデバイスをroot化しないこと」を挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×