Androidデバイスを狙うモバイルマルウェアの攻撃が増加(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2020.11.29(日)

Androidデバイスを狙うモバイルマルウェアの攻撃が増加(カスペルスキー)

カスペルスキーは、同社Kaspersky Labによる「2018年のモバイルマルウェアの調査レポート」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社カスペルスキーは3月28日、同社Kaspersky Labによる「2018年のモバイルマルウェアの調査レポート」を公開した。世界数百万人の任意のカスペルスキー製品ユーザから取得したサイバーセキュリティ関連のデータを処理する「Kaspersky Security Network(KSN)」から取得したデータをもとにしたもの。

レポートによると、2018年の1年間にAndroidデバイスを狙うモバイルマルウェアの攻撃に遭遇したユニークユーザは989万5,774人で、2017年の912万1,774人から増加した。検知した攻撃数も、2017年の6,640万件から2018年は1億1,650万件へと倍近くに増加している。

Androidにおけるモバイルランサムウェア攻撃は150カ国の80,638ユニークユーザで検知しており、モバイルランサムウェア型トロイの木馬は、60,176件を検知した。また、モバイルバンキング型トロイの木馬の検知数は151,359件で、2017年から6倍に増加している。悪意あるモバイル向け仮想通貨マイナーを使用した攻撃は、2017年の5倍であった。

同社ではAndroidユーザに対し、「Androidアプリは、Google Playなど公式ストアからインストールすること」「デバイス設定で、不明なソースからのインストールを無効にすること」「Androidデバイスをroot化しないこと」を挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×