PCAPデータをリアルタイム分析し脅威を特定、MSSメニューに追加(NTT Com、Fortinet) | ScanNetSecurity
2020.05.29(金)

PCAPデータをリアルタイム分析し脅威を特定、MSSメニューに追加(NTT Com、Fortinet)

NTT Comは、Fortinet社のセキュリティアプライアンスである「FortiGate」を活用したセキュリティ高度分析サービスを、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」のマネージドセキュリティサービスの新メニューとして提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は3月28日、Fortinet社のセキュリティアプライアンスである「FortiGate」を活用したセキュリティ高度分析サービスを、総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」のマネージドセキュリティサービスの新メニューとして、同日より提供を開始した。利用料金は個別見積。

同サービスは、Fortinet社との共同開発により実現したもの。「FortiGate」でアラートの原因となったPCAPデータをAPI連携でリアルタイムに分析し、インシデント対応が必要なセキュリティ脅威のみをユーザに通知する。また、「FortiGate」で相関分析を行うことにより、ICT機器単体では特定が困難な脅威も特定できるようになる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×