お勧めIoTセキュリティガイドライン5種--診断レポート(ラック) | ScanNetSecurity
2021.09.22(水)

お勧めIoTセキュリティガイドライン5種--診断レポート(ラック)

ラックは、「セキュリティ診断レポート 2019 春」を公開した。同レポートは、同社が提供している診断サービスの結果を分析し、傾向や知見をまとめたもの。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社ラックは3月20日、「セキュリティ診断レポート 2019 春」を公開した。同レポートは、同社が提供している診断サービスの結果を分析し、傾向や知見をまとめたもの。主にシステム担当者や情報セキュリティ担当者に向けた、リスク管理に役立つ内容となっている。

レポートは、木村雅弘氏による「2020年に向け全員参加で取り組むIoTのサイバーセキュリティ対策」、小松奈央氏、篠原崇宏氏による「不正侵入につながる『IoT機器』の問題」、おすすめ情報「『IoTセキュリティ』ガイドライン5選」、山本精吾氏による「スマホアプリの半数で実害につながる問題点を検出」、吉田聡氏による「『サイバーセキュリティ対策の実効性を評価』ペネトレーションテスト活用例」という構成となっている。

「不正侵入につながる『IoT機器』の問題」では、IoT機器のセキュリティリスクについて「デバッグ用の設定が有効になっている」「初期パスワードが変更不可」「基盤上のシリアルポートから侵入可能」の3つの問題点を挙げ、対策を紹介している。「『IoTセキュリティ』ガイドライン5選」では、「IoTセキュリティガイドライン ver1.0」「IoT開発におけるセキュリティ設計の手引き」「GSMA IoTセキュリティ・ガイドライン」「CCDS 製品分野別セキュリティガイドライン v2.0」「IoT Security Guideance」を挙げ、それぞれ解説を行っている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×