約147,000件分の水道利用者情報が記録されたタブレットを紛失(岡崎市) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.18(木)

約147,000件分の水道利用者情報が記録されたタブレットを紛失(岡崎市)

愛知県岡崎市は3月15日、同市内の水道利用者に関する情報を記録したタブレットの紛失が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
愛知県岡崎市は3月15日、同市内の水道利用者に関する情報を記録したタブレットの紛失が判明したと発表した。

これは3月14日に発生した水道管破損事故への対応の際に紛失が判明したというもので、約147,000件分の使用者名、電話番号、装置場所情報が記録されていた。

3月15日時点で、利用者情報の悪用は確認されていない。

同市では今後、情報管理を徹底するとともに職員のセキュリティ意識の向上を図るとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×