IoT機器へのエクスプロイトが急増--脅威レポート(フォーティネットジャパン) | ScanNetSecurity
2020.05.30(土)

IoT機器へのエクスプロイトが急増--脅威レポート(フォーティネットジャパン)

フォーティネットジャパンは、米Fortinetによる2018年第4四半期におけるグローバル脅威レポートについて発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
フォーティネットジャパン株式会社は3月13日、米Fortinetによる2018年第4四半期におけるグローバル脅威レポートについて発表した。同社FortiGuard Labsによる全世界、地域別、業種別、および組織別の視点を網羅する研究データを元にしており、エクスプロイト、マルウェア、ボットネットを中心とした指標「Fortinet Threat Landscape Index(TLI)」も含まれている。

レポートによると、同四半期はサイバー攻撃者の全体的な活動はわずかに減少したものの、企業あたりのエクスプロイト検知数は10%、一意のエクスプロイト検知数は5%増加した。ボットネットはさらに複雑化し検知が困難になっており、ボットネットの1社あたりの感染日数は15%増加し、約12日間に長期化している。

グローバルエクスプロイトのランキングでは、上位12位のうち半分がIoTデバイスを標的にしており、12位のうち4つはIPカメラに関連するエクスプロイトであった。また、エクスプロイトの分析などのために誰でも入手可能なオープンソースマルウェアツールをサイバー攻撃者が入手し、武器化して新たな脅威へと進化させるケースを紹介している。このほか、ステガノグラフィの進化やアドウェアの増加なども紹介している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×