国際的なスポーツイベントの開催に向けた支援施策(ファイア・アイ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.03.27(水)

国際的なスポーツイベントの開催に向けた支援施策(ファイア・アイ)

ファイア・アイは、国内企業・組織のサイバーセキュリティニーズを支援する、3つの新しい施策を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ファイア・アイ株式会社は3月13日、国内企業・組織のサイバーセキュリティニーズを支援する、3つの新しい施策を発表した。ひとつは「FireEye Managed Defense」の期間限定サービス。日本では国際的なスポーツイベントや政治サミットなどが控えており、これらの開催時にはサイバーリスクが非常に高まる。そこで、通常は年間契約であるManaged Defenseのマネージド検知・対応サービスを、期間限定で提供する。

2つめは、企業・組織の資産をインターネット上でモニタリングし、侵害リスクを未然に、または早期に把握する「Digital Threat Monitoring(デジタル脅威監視)」サービスの提供を開始する。ディープウェブ・ダークネットを含め、脅威をより明確に把握することで、個人情報の漏えい、機密情報の流出、潜在的な金銭・信用損失機会に対して、より積極的なリスク管理を可能にする。

3つめは、「FireEye Eメール・セキュリティ - Cloudエディション」のサービスにおいて、2019年第2四半期から国内データセンターを2箇所追加する。これにより、企業・組織が自国内にデータを保持することが可能となる。2つの国内データセンターは地理的にも離れた場所にあり、事業継続性の観点でも有効としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×