モバイル向けEDR、モバイルデバイスの脅威ハンティングも(CrowdStrike) | ScanNetSecurity
2019.10.18(金)

モバイル向けEDR、モバイルデバイスの脅威ハンティングも(CrowdStrike)

CrowdStrikeは、モバイルデバイス向けのエンタープライズEDRソリューション「CrowdStrike Falcon for Mobile」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
CrowdStrikeは3月7日、モバイルデバイス向けのエンタープライズEDR(エンドポイントでの検知および対応)ソリューション「CrowdStrike Falcon for Mobile」を発表した。米CrowdStrikeが3月4日に発表したリリースの抄訳として伝えている。これにより、デバイスのパフォーマンスに影響を与えることなく、またユーザのプライバシーを担保した上で、モバイルデバイスに対する脅威に対してハンティングを行うことができる。

CrowdStrikeのクラウドネイティブプラットフォームと、単一エージェントのアーキテクチャを活用することで、既存のFalcon製品をモバイルデバイス対策へシームレスに拡張できる。管理者は、従来の管理画面からモバイルデバイス上のアクティビティをリアルタイムに把握し、脅威の検知・調査・修復を行うことが可能となる。悪意ある通信だけでなく、アプリの振る舞いの監視やセンシティブな企業情報への不適切あるいは想定外のアクセスを可視化する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×