複数の機能による「IoT機器向け通信制御サービス」を提供(DNP) | ScanNetSecurity
2019.10.15(火)

複数の機能による「IoT機器向け通信制御サービス」を提供(DNP)

DNPは、IoT機器へのサイバー攻撃を防止する、新たなIoT機器向け通信制御サービスを開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
大日本印刷株式会社(DNP)は2月27日、IoT機器へのサイバー攻撃を防止する、新たなIoT機器向け通信制御サービスを開始すると発表した。複数の機能により、インターネットからIoT機器へのアクセスを制御することで、サイバー攻撃に対抗する。同社は、同サービスをIoTやICT関連の事業者、ソフトや機器の開発事業者などに販売し、各社の製品・サービスへの組み込みを促進して、2022年度に3億円の売上を目指すとしている。

同サービスは、IoT機器同士が通信する際に通信アドレス中のポート番号を都度変更することで、不正なアクセスを防ぐ。また、仮想IPアドレスを使って通信することで、プライベートIPアドレスのIoT機器同士をインターネットを介した通信を可能にしている。さらに、通常のIDとパスワードを利用した認証に加えて、独自の電子証明書を活用した認証を行い、認証できない機器からの通信を遮断する。グループ分けによるアクセス制限機能なども搭載する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×