「Drupal」にリモートコード実行の脆弱性、アップデートを呼びかけ(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.18(火)

「Drupal」にリモートコード実行の脆弱性、アップデートを呼びかけ(ラック)

ラックは、「CMSのDrupal、RCEで危険度の高い脆弱性(CVE-2019-6340)。至急、最新版への更新を」と題する注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
株式会社ラックは2月25日、「CMSのDrupal、RCEで危険度の高い脆弱性(CVE-2019-6340)。至急、最新版への更新を」と題する注意喚起を発表した。これは、Drupalに、危険度の高い脆弱性(SA-CORE-2019-003:CVE-2019-6340)が公開されたことを受けたもの。

同社のJSOCで同脆弱性を検証したところ、リモートからのOSコマンドの実行が可能であることを確認したという。脆弱性が悪用されると、Drupalが動作するサーバにおいて、任意のコードが実行(RCE)され、データの改ざんや流出などの被害が発生する恐れがある。また、すでに攻撃コードが公開されており、今後この脆弱性を悪用した攻撃が増加する可能性もある。

脆弱性の影響を受ける可能性のあるバージョンは、「Drupal 8.6.10 未満の Drupal 8.6.x」および「Drupal 8.5.11 未満の Drupal 8.5.x」。実際に、JSOCが設置しているスレットインテリジェンス基盤において、脆弱性情報の公開直後にDrupalのバージョンを調査する試みを多数観測している。同社では、Drupalを使用している場合は脆弱なバージョンのものでないかを至急確認し、最新のバージョンにアップデートするよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×