「ISC BIND 9」に複数の脆弱性、修正バージョンの適用を推奨(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.27(木)

「ISC BIND 9」に複数の脆弱性、修正バージョンの適用を推奨(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、「ISC BIND 9 に対する複数の脆弱性(CVE-2018-5744, CVE-2018-5745, CVE-2019-6465)に関する注意喚起」を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月22日、「ISC BIND 9 に対する複数の脆弱性(CVE-2018-5744, CVE-2018-5745, CVE-2019-6465)に関する注意喚起」を発表した。これは、開発元であるISCから発表されたもので、ISCでは脆弱性の深刻度(Severity)を、CVE-2018-5744は「高(High)」、CVE-2018-5745およびCVE-2019-6465は「中(Medium)」と評価している。

対象となるバージョンは次の通り。

・CVE-2018-5744(メモリリークの発生)
9.12系列 9.12.0 から 9.12.3-P1 まで
9.11系列 9.11.3 から 9.11.5-P1 まで

・CVE-2018-5745(DNSサービスの停止)
9.12系列 9.12.0 から 9.12.3-P1 まで
9.11系列 9.11.0 から 9.11.5-P1 まで

・CVE-2019-6465(アクセス制限の不具合によるゾーンデータの流出)
9.12系列 9.12.0 から 9.12.3-P2 まで
9.11系列 9.11.0 から 9.11.5-P2 まで

なお、すでにサポートが終了している 9.9系および 9.10系も各脆弱性の影響を受ける。

ISCから、脆弱性を修正したバージョンの ISC BIND 9 が公開されている。また、今後各ディストリビュータなどからも、修正済みのバージョンが提供されると思われるため、十分なテストを実施の上、修正済みのバージョンの適用を検討するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×