「ISC BIND 9」に複数の脆弱性、修正バージョンの適用を推奨(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2020.06.02(火)

「ISC BIND 9」に複数の脆弱性、修正バージョンの適用を推奨(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、「ISC BIND 9 に対する複数の脆弱性(CVE-2018-5744, CVE-2018-5745, CVE-2019-6465)に関する注意喚起」を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月22日、「ISC BIND 9 に対する複数の脆弱性(CVE-2018-5744, CVE-2018-5745, CVE-2019-6465)に関する注意喚起」を発表した。これは、開発元であるISCから発表されたもので、ISCでは脆弱性の深刻度(Severity)を、CVE-2018-5744は「高(High)」、CVE-2018-5745およびCVE-2019-6465は「中(Medium)」と評価している。

対象となるバージョンは次の通り。

・CVE-2018-5744(メモリリークの発生)
9.12系列 9.12.0 から 9.12.3-P1 まで
9.11系列 9.11.3 から 9.11.5-P1 まで

・CVE-2018-5745(DNSサービスの停止)
9.12系列 9.12.0 から 9.12.3-P1 まで
9.11系列 9.11.0 から 9.11.5-P1 まで

・CVE-2019-6465(アクセス制限の不具合によるゾーンデータの流出)
9.12系列 9.12.0 から 9.12.3-P2 まで
9.11系列 9.11.0 から 9.11.5-P2 まで

なお、すでにサポートが終了している 9.9系および 9.10系も各脆弱性の影響を受ける。

ISCから、脆弱性を修正したバージョンの ISC BIND 9 が公開されている。また、今後各ディストリビュータなどからも、修正済みのバージョンが提供されると思われるため、十分なテストを実施の上、修正済みのバージョンの適用を検討するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×