オレオレ詐欺と架空請求詐欺の認知件数、特殊詐欺の約85%を占める(警察庁) | ScanNetSecurity
2020.06.04(木)

オレオレ詐欺と架空請求詐欺の認知件数、特殊詐欺の約85%を占める(警察庁)

警察庁は、平成30年の特殊詐欺認知・検挙状況等について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
警察庁は2月21日、平成30年の特殊詐欺認知・検挙状況等について発表した。これによると、平成30年の特殊詐欺の認知件数は16,493件(前年比-1,719件、-9.4%)と、平成22年から7年連続していた増加傾向が減少に転じた。被害額は356.8億円(同-38.0億円、-9.4%)と4年連続で減少している。しかし、依然として高水準で推移しており、深刻な情勢としている。

既遂1件あたりの被害額は、228.9万円(同-0.1万円、-0.1%)となっている。地域別にみると、41道府県において被害額が減少した一方で、東京、埼玉、神奈川の認知件数が大幅に増加した。特殊詐欺全体での高齢者(65歳以上)の被害認知件数は12,867件で、高齢者率は78.0%と5.5ポイント増加している。

手口別では、平成29年に大幅に増加した「オレオレ詐欺」と「架空請求詐欺」の認知件数が全体の84.8%を占めた。オレオレ詐欺の認知件数は9,134件で前年から638件増加した一方、被害額は182.8億円で前年から減少している。架空請求詐欺の認知件数は4,852件で前年から減少したが、被害額は137.4億円で前年から増加している。還付金詐欺は認知件数(1,910件)、被害額(22.5億円)ともに前年から大幅に減少した。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×