短時間で影響を広げる国家主導のサイバー攻撃者グループ(CrowdStrike) | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

短時間で影響を広げる国家主導のサイバー攻撃者グループ(CrowdStrike)

CrowdStrikeは、「2019年版 CrowdStrikeグローバル脅威レポート:攻撃者グループが身につけたノウハウとスピードの重要性」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
CrowdStrikeは2月20日、「2019 CrowdStrike Global Threat Report: Adversary Tradecraft and The Importance of Speed(2019年版 CrowdStrikeグローバル脅威レポート:攻撃者グループが身につけたノウハウとスピードの重要性)」を発表した。同レポートでは、攻撃者ランキングやサイバー攻撃の詳細なインサイトを解説している。

レポートによると、サイバー攻撃者グループの「ブレイクアウトタイム」の上位ランキングは次の通り。

・ロシアの国家主導攻撃者「Bears」:18分49秒
・北朝鮮の国家主導攻撃者「Chollimas」:2時間20分14秒
・中国の国家主導攻撃者「Pandas」:4時間26秒
・イランの国家主導攻撃者「Kittens」:5時間9分4秒
・サイバー犯罪者「Spiders」:9時間42分23秒

また、2018年のサイバー攻撃のトレンドとして、大規模組織にランサムウェアを展開することを目的に、標的型攻撃の手法で侵入を試みる「Big Game Hunting」の増加や、能力の高いサイバー犯罪者グループが協力して行うサイバー犯罪の増加、マルウェアを使わない侵入のターゲットリストの上位にメディア、テクノロジー、学術機関がランクされていることなどを挙げている。特に、中国のサイバー犯罪グループによる活動が加速しているという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×