1位から4位をマイニングマルウェアが占める--月例レポート(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.05.26(日)

1位から4位をマイニングマルウェアが占める--月例レポート(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、2019年1月の「Global Threat Index(世界の脅威指標)」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は2月19日、2019年1月の「Global Threat Index(世界の脅威指標)」を発表した。レポートによると、Linuxサーバに感染し、マイニング・ツールのXMRigを拡散する新たなトロイの木馬「SpeakUp」が出現している。このマルウェアは、感染マシンに任意のペイロードをダウンロードして実行する機能を備えている。

1月のマルウェア・ファミリーの上位3種は、世界中の組織の12%に影響を与えた「Coinhive」、8%の組織に影響を与えた「XMRig」、6%の組織に影響を与えた「Cryptoloot」であった。上位10種のうち、1位から4位までをマイニング・ツールが占め、半数のマルウェアが感染マシンに別のマルウェアをダウンロードする機能を備えていた。

1月の脆弱性の上位3種は、Microsoft IIS WebDAVサービスのScStoragePathFromUrl関数のバッファ・オーバーフロー(CVE-2017-7269)、Webサーバ上のGitリポジトリにおける情報漏えいの脆弱性、OpenSSL TLS DTLS Heartbeatにおける情報漏えいの脆弱性(CVE-2014-0160、CVE-2014-0346)となった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×