企業への攻撃数が増加傾向、特に50~199人規模が突出(サイバーセキュリティクラウド) | ScanNetSecurity
2021.09.22(水)

企業への攻撃数が増加傾向、特に50~199人規模が突出(サイバーセキュリティクラウド)

サイバーセキュリティクラウドは、2018年のサイバー攻撃の実情についてまとめた「サイバー攻撃白書2018」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社サイバーセキュリティクラウドは1月31日、2018年のサイバー攻撃の実情についてまとめた「サイバー攻撃白書2018」を発表した。同白書は、クラウド型WAFの「攻撃遮断くん」で観測した攻撃ログを集約し、分析・算出した調査レポート。2018年1月1日から12月31日までの状況について分析している。

2018年の導入企業への攻撃ログ数は、合計107,803,890件となった。月別では、5月がもっとも多く攻撃を観測した。後半は徐々に攻撃数が増えており、今後も増加傾向が続くとみている。攻撃元となった国(IPアドレスベース)では、ドイツが28%でもっとも多く、日本(17%)、アメリカ(16%)、中国(9%)と続いた。

攻撃別の構成比では、脆弱性スキャンツールを利用したボットによる攻撃「Blacklisted user agent」が全体の約56%を占めた。無作為に既知の脆弱性を試行する「Webアタック」、攻撃可能なWebページを探す「Webスキャン」がともに12%であり、この3種類で全体の80%を占めている。企業規模別では、1社あたりの攻撃検知数は「50~199人」が45万件弱と突出して多く、2番目に多かった「1~49人」(15万件弱)の3倍以上となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×