メールセキュリティ対策の有効性を無償で評価(AJS、ファイア・アイ) | ScanNetSecurity
2022.07.08(金)

メールセキュリティ対策の有効性を無償で評価(AJS、ファイア・アイ)

AJSとファイア・アイは、既存のメールセキュリティ対策の有効性を評価する無償サービス「FireEye FireProof Eメール診断サービス for Office365」の提供を開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
TISインテックグループのAJS株式会社とファイア・アイ株式会社は1月31日、既存のメールセキュリティ対策の有効性を評価する無償サービス「FireEye FireProof Eメール診断サービス for Office365」の提供を開始すると発表した。同サービスは、既存のOffice 365環境に対して手軽にメールの脅威状況を確認・把握することで、既存の対策が有効であるかを評価するもの。

同サービスは、Office 365の受信済みメールをクラウド上で分析するもの。ユーザごとに独立した仮想環境を構築し、ISO27001とSOC2認証を取得したクラウドで評価を行う。Office 365とファイア・アイのデーターセンター間はTLSで暗号化して通信し、取得したメール情報はAES256で暗号化して保存する。申し込みはリクエストフォームから行い、システム管理者がOffice 365へのアクセスを承認することで分析が行われる。分析後、発見された各マルウェアについての詳細な評価結果レポートをもとに、AJS担当者が詳細な説明を行う。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×