複数の横河製品のライセンスマネージャサービスに脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2020.11.25(水)

複数の横河製品のライセンスマネージャサービスに脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、横河電機が提供する複数の製品のライセンスマネージャサービスに、アクセス制限不備の脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月25日、横河電機株式会社が提供する複数の製品のライセンスマネージャサービスに、アクセス制限不備の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは8.1。製品利用者への周知を目的に、開発者が報告を行った。

影響を受けるシステムは次の通り。
・CENTUM VP(R5.01.00 から R6.06.00 まで)
・CENTUM VP Small(R5.01.00 から R6.06.00 まで)
・CENTUM VP Basic(R5.01.00 から R6.06.00 まで)
・ProSafe-RS(R3.01.00 から R4.04.00 まで)
・PRM(R4.01.00 から R4.02.00 まで)
・B/M9000 VP(R7.01.01 から R8.02.03 まで)

これらの製品には、アクセス制限不備の脆弱性(CVE-2019-5909)が存在する。この脆弱性が悪用されると、遠隔の第三者によって、ライセンスマネージャサービスが動作するPCに対して、当該サービスを実行するシステム権限で、任意の場所にて任意のファイルを作成もしくは上書きされる可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに、最新版へのアップデートやパッチを適用するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×