スイスのデジタル認証関連企業QuoVadisを買収(デジサート・ジャパン) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

スイスのデジタル認証関連企業QuoVadisを買収(デジサート・ジャパン)

米デジサート・インクは、スイスのサイバーセキュリティおよびIoT関連企業WISeKey International Holding Ltd.(SIX: WIHN)からQuoVadis Group(クオバディスグループ:QuoVadis)を 買収する取引を完了したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
デジサート・ジャパン合同会社は1月18日、米デジサート・インクが同日、スイスのサイバーセキュリティおよびIoT関連企業WISeKey International Holding Ltd.(SIX: WIHN)からQuoVadis Group(クオバディスグループ:QuoVadis)を 買収する取引を完了したと発表した。QuoVadisは、欧州連合(EU)およびスイスにおける適格トラストサービスプロバイダ(EU Qualified Trust Service Provider: EU TSP)。

この買収は、世界で広く展開しているPKIベースのソリューションを、現地サポートとともに提供するという、デジサートのビジョンに基づくもの。QuoVadisはスイス、ドイツ、オランダ、ベルギー、イギリス、バミューダで事業を運営しており、QuoVadis適格デジタル認証はEU域内市場における、電子取引向けトラストサービスに関するEU規制「eIDAS(Electronic Identification and Trust Services Regulation)」に準拠している。デジサートは欧州向け適格デジタル認証や関連サービス、及びエンタープライズ・マネージドPKIサービスを専門とするEUおよびスイスのTSPとして、QuoVadisを引き続き運営していく。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×