Adobe Flash Player において Use-After-Free の脆弱性により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.03.22(金)

Adobe Flash Player において Use-After-Free の脆弱性により遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

Adobe Flash Player に遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
◆概要

Adobe Flash Player に遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が報告されています。脆弱な Adobe Flash Player がインストールされている Web ブラウザで悪意のある Shockwave コンテンツを読み込んでしまった場合、遠隔の攻撃者にホストの制御を奪われてしまう可能性があります。アップデートにより対策してください。

◆分析者コメント

過去の Adobe Flash Player の脆弱性と同様に、攻撃者による攻撃キャンペーンや標的型攻撃に悪用される可能性が高いです。心理的な効果を悪用したソーシャルエンジニアリングによる攻撃手法が日々進歩しており、日頃から注意を払っている利用者であっても、悪意のあるコンテンツに誘導されてしまう可能性は充分にあると考えられます。エクスプロイトコードは Windows OS に対応したもののみの公開を確認していますが、macOS や Linux の Adobe Flash Player も同様に脆弱であると報告されており、幅広いバージョンの Adobe Flash Player が影響を受けるため、速やかに対策するべきでしょう。

◆深刻度(CVSS)
[CVSS v3]
8.8
https://access.redhat.com/security/cve/cve-2018-15982


◆影響を受けるソフトウェア

Adobe Flash Player のバージョン 31.0.0.153 以前が当該脆弱性の影響を受けます。

◆解説

Shockwave 形式の動画ファイルを再生するために世界的に利用されているソフトウェアである Adobe Flash Player に、遠隔から任意のコードの実行を可能とする脆弱性が報告されています。
《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×