HTTPS通信の脅威も検出、統合型ゲートウェイソリューション新製品(エフセキュア) | ScanNetSecurity
2022.11.27(日)

HTTPS通信の脅威も検出、統合型ゲートウェイソリューション新製品(エフセキュア)

エフセキュアは、統合型ゲートウェイセキュリティソリューション「F-Secure ThreatShield(通常版)/TheatShield Premium」(ThreatShield)の2製品を同日より販売開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エフセキュア株式会社は12月11日、統合型ゲートウェイセキュリティソリューション「F-Secure ThreatShield(通常版)/TheatShield Premium」(ThreatShield)の2製品を同日より販売開始したと発表した。同製品は、メールおよびWebトラフィックを保護する統合型セキュリティソリューションで、「F-Secure アンチウイルスLinuxゲートウェイ」の後継製品となるもの。

オールインワン設計となっており、1台のサーバでウイルス対策、スパム対策、フィッシング対策、URLフィルタリング、HTTPスキャンテクノロジーにより、外部からの攻撃だけでなく、内部からの情報漏えい対策も行える。また、新たにHTTPSのスキャンテクノロジー機能を搭載し、HTTPS接続の暗号化通信の検査も可能にした。さらに、クラウド型サンドボックスとの連携を図ることで、進化を遂げる最新のセキュリティ脅威にも対応しつつ、管理者の負担を軽減する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/12~11/30迄 創刊24周年記念価格提供中★★
★★10/12~11/30迄 創刊24周年記念価格提供中★★

2022年10月12日(水)~11月30日(水) の間 ScanNetSecurity 創刊24周年記念価格で提供。

×