HTTPS通信の脅威も検出、統合型ゲートウェイソリューション新製品(エフセキュア) | ScanNetSecurity
2021.12.02(木)

HTTPS通信の脅威も検出、統合型ゲートウェイソリューション新製品(エフセキュア)

エフセキュアは、統合型ゲートウェイセキュリティソリューション「F-Secure ThreatShield(通常版)/TheatShield Premium」(ThreatShield)の2製品を同日より販売開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エフセキュア株式会社は12月11日、統合型ゲートウェイセキュリティソリューション「F-Secure ThreatShield(通常版)/TheatShield Premium」(ThreatShield)の2製品を同日より販売開始したと発表した。同製品は、メールおよびWebトラフィックを保護する統合型セキュリティソリューションで、「F-Secure アンチウイルスLinuxゲートウェイ」の後継製品となるもの。

オールインワン設計となっており、1台のサーバでウイルス対策、スパム対策、フィッシング対策、URLフィルタリング、HTTPスキャンテクノロジーにより、外部からの攻撃だけでなく、内部からの情報漏えい対策も行える。また、新たにHTTPSのスキャンテクノロジー機能を搭載し、HTTPS接続の暗号化通信の検査も可能にした。さらに、クラウド型サンドボックスとの連携を図ることで、進化を遂げる最新のセキュリティ脅威にも対応しつつ、管理者の負担を軽減する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×