米業界団体OCFがデジサートを認証局として採用(デジサート・ジャパン) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

米業界団体OCFがデジサートを認証局として採用(デジサート・ジャパン)

デジサート・ジャパンは、米国におけるIoTフレークワークの推進団体であるOCFが、米Eonti社と米デジサート・インクを、それぞれPKI向け登録局と証明書認証局として採用したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
デジサート・ジャパン合同会社は12月7日、米国におけるIoTフレークワークの推進団体である「Open Connectivity Foundation」(OCF)が、米Eonti社と米デジサート・インクを、それぞれPKI向け登録局と証明書認証局として採用したと発表した。Eonti社は、インフラストラクチャのライフサイクル運用管理の企業。

OCFでは、世界中に散在するデバイスとプラットフォームをつなぐIoTのセキュリティと相互接続性に注力している。今回のEontiとデジサートとの協力関係により、可能性が広がるとともに、世界中の人々が日々使用するコネクテッドデバイスの安心と安全を確保できるようになるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×