メール119システムからのお知らせメールを誤って「To」にアドレス入力し送信(伊奈町) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.21(水)

メール119システムからのお知らせメールを誤って「To」にアドレス入力し送信(伊奈町)

埼玉県伊奈町は11月22日、メール119システムからのお知らせメールを、受信者が他の受信者のメールアドレスを見ることができる状態で送信したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
埼玉県伊奈町は11月22日、メール119システムからのお知らせメールを、受信者が他の受信者のメールアドレスを見ることができる状態で送信したことが判明したと発表した。

これは11月20日午後9時00分ごろに、上尾市・伊奈町消防指令センターの聴覚等の障がい者が携帯電話やインターネットの電子メールで119番通報できる、安全のバリアフリーを実現するシステム「メール119システム」にアドレス登録している利用者56名に対して、お知らせメールを送信する際に、本来「Bcc」にアドレス入力して送信すべきところ、誤って「To」に入力し送信したため、他の受信者のアドレスが閲覧できる状態となったというもの。

同町では、電子メール送信において職員への周知・教育を徹底し再発防止に努めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×