2017年度ネットワークセキュリティ関連市場4,471億円、2022年は5,735億円に(富士キメラ総研) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.10(月)

2017年度ネットワークセキュリティ関連市場4,471億円、2022年は5,735億円に(富士キメラ総研)

富士キメラ総研は、法人向けネットワークセキュリティ関連の国内市場を調査し、その結果を「2018 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 上巻・下巻」にまとめたと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社富士キメラ総研は11月12日、法人向けネットワークセキュリティ関連の国内市場を調査し、その結果を「2018 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 上巻・下巻」にまとめたと発表した。上巻は市場編として、セキュリティサービス16品目、セキュリティ製品26品目の市場を分析し、将来を予測。下巻は企業編として、セキュリティソリューションプロバイダ26社、セキュリティツールベンダ24社の事例分析を行い、セキュリティソリューションビジネスの検証、分析を多角的に行っている。

発表によると、2017年度のセキュリティサービス市場は前年度比9.5%増の1,809億円、セキュリティ製品市場は前年度比6.6%増の2,662億円となった。合計したネットワークセキュリティ関連市場は前年度比7.8%増の4,471億円となっている。セキュリティサービス市場は、セキュリティベンダによる運用・監視のアウトソーシングサービスを利用する傾向が強まっており、マネージドセキュリティサービス(MSS)の需要が増加している。セキュリティ製品市場は、端末管理・セキュリティツールやUTMを中心に導入が進み、拡大している。

同市場の今後の拡大要因として、IoTデバイスの普及に伴うセキュリティリスクの増加を挙げている。ネットワークへ接続するIoTデバイスの多様化や数量の増加により外部脅威のセキュリティリスクが増えており、脅威情報の可視化や遮断といったニーズに加え、各種診断サービスやセキュリティ・オペレーション・センター(SOC)を活用した監視サービスの需要がIoTセキュリティ対策として高まっている。今後もネットワークセキュリティ関連市場は堅調に拡大し、2022年度には2017年度比28.3%増の5,735億円になると予想している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×