「Cisco Webex Meetings Desktop App」などに脆弱性、更新を呼びかけ(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.19(木)

「Cisco Webex Meetings Desktop App」などに脆弱性、更新を呼びかけ(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、「Cisco Webex Meetings Desktop App および Cisco Webex Productivity Tools の脆弱性(CVE-2018-15442)に関する注意喚起」を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月26日、「Cisco Webex Meetings Desktop App および Cisco Webex Productivity Tools の脆弱性(CVE-2018-15442)に関する注意喚起」を発表した。これは、Ciscoが10月24日(米国時間)に発表したアドバイザリを受けたもの。JPCERT/CCでは、この脆弱性に関する実証コードが公開されていることを確認しているという。

脆弱性の影響を受ける製品とバージョンは次の通り。

Cisco Webex Meetings Desktop App 33.5.6 より前のバージョン
Cisco Webex Productivity Tools 32.6.0 から 33.0.5 まで (33.0.5 を除く)

なお、同脆弱性は、Windows上でCisco Webex Meetings Desktop AppおよびCisco Webex Productivity Toolsを利用している場合にのみ影響を受ける。

この脆弱性を悪用された場合、ローカルのユーザがシステム権限で任意のコマンドを実行する可能性があり、Ciscoは深刻度を「High」と評価している。Ciscoでは、脆弱性対策が行われた対応バージョンを提供しており、JPCERT/CCではアップデートを適用するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×