脆弱性情報の登録状況、脆弱性と製品がともに前四半期から大きく変動(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.22(木)

脆弱性情報の登録状況、脆弱性と製品がともに前四半期から大きく変動(IPA)

IPAは、2018年第3四半期(7月から9月)における「脆弱性対策情報データベース『JVN iPedia』の登録状況」を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は10月23日、2018年第3四半期(7月から9月)における「脆弱性対策情報データベース『JVN iPedia』の登録状況」を発表した。発表によると、同期間にJVN iPedia日本語版へ登録された脆弱性対策情報は3,834件で、累計登録件数が89,114件となった。内訳は、国内製品開発者から収集したもの3件(公開開始からの累計は204件)、JVNから収集したもの106件(累計8,205件)、NVDから収集したもの3,725件(累計80,705件)となっている。

また、件数が多かった脆弱性は、「CWE-190(整数オーバーフローまたはラップアラウンド)」340件、「CWE-284(不適切なアクセス制御)」286件、「CWE-119(バッファエラー)」282件、「CWE-79(クロスサイトスクリプティング:(XSS)」281件、「CWE-200(情報漏えい)」258件などとなっている。製品別登録状況では、「Mozilla Firefox(Mozilla Foundation)」301件、「Debian GNU/Linux (Debian)」212件、「Adobe Acrobat Reader DC(アドビシステムズ)」「Adobe Acrobat(アドビシステムズ)」「Adobe Acrobat DC(アドビシステムズ)」がそれぞれ155件などが多かった。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×