朝日新聞のサイバー事件報道姿勢 - 記者が語る「伊勢志摩サミット」「ポケドラ」「SkySEA Client View」 | ScanNetSecurity
2019.10.20(日)

朝日新聞のサイバー事件報道姿勢 - 記者が語る「伊勢志摩サミット」「ポケドラ」「SkySEA Client View」

彼らの調査報道は、関係者や当事者への取材から得た情報だけでなく、ときには自ら積極的に情報をとっていくスタイルのように見える。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
 今夏都内で開催された専門家会議 ガートナー セキュリティ&リスクマネジメント サミット 2018 の基調講演に朝日新聞の須藤 龍也 記者が登壇した。須藤記者は IT の知識を生かし独自調査によるスクープをあげる著名記者だ。その手法は地道なデバイスのスキャンからアンダーグラウンドからの情報収集と多岐にわたる。「講演のあらゆる写真撮影が NG 」という条件のもとでようやく取材許可を得た編集部は講演会場に入った。

《中尾 真二( Shinji Nakao )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×