中堅・中小向けに自動セキュリティ監視システムをクラウド提供(ラック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.18(水)

中堅・中小向けに自動セキュリティ監視システムをクラウド提供(ラック)

ラックは、自動セキュリティ監視システム「CloudFalcon(クラウドファルコン)」を開発、提供を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラックは10月1日、自動セキュリティ監視システム「CloudFalcon(クラウドファルコン)」を開発、同日より提供を開始したと発表した。同システムは、適切なセキュリティ対策への要求が高まる一方で、セキュリティ監視やアウトソーシングなどが難しい中堅・中小企業を対象としたもの。現時点では、KDDIデジタルセキュリティ株式会社と株式会社デジタルハーツの2社が提供を行う。

同システムは、大手企業向けのJSOC MSSサービスで使用しているセキュリティ監視分析システム「LAC Falcon」をベースに開発したもの。セキュリティ機器に独自の分析ルールを適用することで、専門のセキュリティアナリストの判断を必要とせずにセキュリティ監視を実現する。また、クラウド上でシステム稼動させることにより費用・運用負荷を大幅に低減する。2019年度には、AIを活用した分析ルール自動生成機能を提供する予定。

システム提供開始時点では、対象機器はパロアルトネットワークス社製の次世代ファイアウォール「PAシリーズ」、およびフォーティネット社製 次世代ファイアウォール「Fortigateシリーズ」となる。その他のUTMやWebサーバ、WAF、Proxy、DNS、エンドポイント製品の開発も検討しているという。同社では、3年後の売上目標10億円を目指すとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×