サーバへの不正アクセスでデータ書き換え被害、一部データは復元不可能に(BCCKS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

サーバへの不正アクセスでデータ書き換え被害、一部データは復元不可能に(BCCKS)

株式会社BCCKSは9月11日、同社サーバへの不正アクセス攻撃により一部のデータベース内のデータが不正に書き換えられていたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社BCCKSは9月11日、同社サーバへの不正アクセス攻撃により一部のデータベース内のデータが不正に書き換えられていたことが判明したと発表した。

これは9月11日午前3時から6時頃にかけて、電子書籍や紙本を制作するBCCKSのサービスを提供する同社サーバーへ不正アクセス攻撃があり、データベース内の本の本文データと書評のコメント内容のデータが不正に書き換えられ、本の編集を正常に行えない状態になったというもの。

同社ではサービスを停止し緊急メンテナンスを実施、攻撃への対策と9月10日午前5:02時点でのバックアップデータの復元を行ったが、同時刻以降に編集作業を行った書籍については9月10日午前5:02時点の状態に巻き戻るとのこと。

なお、今回の不正アクセスによる個人情報の流出はないことを確認済み。

同社では書籍データが紛失した場合でも、ブラウザに未保存データが残っている場合や編集途中で本を発行していた場合はデータを復元できる可能性があるとして、その方法について案内を行い、また必要な場合は「お問い合わせフォーム」から連絡するよう呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×