水泳指導中の突風により児童名簿1枚を紛失(大阪市) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.22(木)

水泳指導中の突風により児童名簿1枚を紛失(大阪市)

大阪市は9月3日、同市立小学校において児童名簿1枚を紛失したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
大阪市は9月3日、同市立小学校において児童名簿1枚を紛失したと発表した。

これは8月31日の3時限目(10:50~11:35)に、当該校の教員が屋上プールで水泳指導をしていた際に、突風によりバインダーに挟んでいた当該学級の児童名簿1枚が外れ、プール外に飛ばされて紛失したというもの。教職員が一斉捜索を行ったが、まだ発見には至っていない。

紛失した学級名簿1枚には児童22名分の名前が記載されていた。

同校では3日に、当該学級の児童宅を訪問し事実経過の報告と個人情報の紛失についての謝罪を行う予定。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×