産業制御システム向けの独自リスク評価フレームワークLAC-ICSSS(ラック) | ScanNetSecurity
2022.09.29(木)

産業制御システム向けの独自リスク評価フレームワークLAC-ICSSS(ラック)

ラックは、工場におけるネットワーク化された制御系システムを対象に、サイバーセキュリティリスクを総合評価する「産業制御システム向けリスクアセスメントサービス」を提供開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラックは8月24日、工場におけるネットワーク化された制御系システムを対象に、サイバーセキュリティリスクを総合評価する「産業制御システム向けリスクアセスメントサービス」を同日より提供開始したと発表した。これは、これまで「インターネットに接続していないから安全」とされていた産業制御システムが、IoTやIIoT化により「完全閉鎖ネットワーク」ではなくなっている状況を受けたもの。

同サービスは、米国の標準であるNIST Cyber Security Framework、国際標準 IEC62443等の考え方を踏襲しつつ、日本の製造現場向けに同社が制定した独自フレームワーク「LAC-ICSSS(Industrial Control System Security Standard)」を用いて実施する。産業制御システムに存在するクリティカルポイントのセキュリティ状況を把握し、リスク評価を行い対策を提示する。これにより、リスクの深刻度にあわせ、優先順位を加味して対策を行うかどうかを判断できる。平均サービス価格は700万円(税抜き)。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×