WebサイトのGDPR対応状況を調査する簡易サービス(ネットイヤーグループ) | ScanNetSecurity
2022.12.10(土)

WebサイトのGDPR対応状況を調査する簡易サービス(ネットイヤーグループ)

ネットイヤーグループは、自社Webサイトにおける現状のGDPR対応レベルを簡易に把握するための「GDPR対応簡易調査サービス」の提供を新たに開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ネットイヤーグループ株式会社は8月23日、自社Webサイトにおける現状のGDPR(一般データ保護規則)対応レベルを簡易に把握するための「GDPR対応簡易調査サービス」の提供を新たに開始したと発表した。費用は1サイトあたり10万円から(税別)。

同サービスは、ネットイヤーグループ独自のチェックリストに基づき、同社スタッフによる対象Webサイトの調査(原則リモートで実施)、および担当者へのヒアリング調査(約1時間)を行い、2~3営業日後にGDPRへの対応状況に関する調査レポートを提出する。なお、このプランは東京近郊の企業を想定しており、それ以外の地域の場合は要問い合わせとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×