パスワードリスト攻撃で6,458件のeoIDが不正ログイン被害(ケイ・オプティコム) | ScanNetSecurity
2023.02.03(金)

パスワードリスト攻撃で6,458件のeoIDが不正ログイン被害(ケイ・オプティコム)

株式会社ケイ・オプティコムは8月16日、同社が提供するeoやmineoなどを利用するためのeoIDに対し外部からの不正ログインが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社ケイ・オプティコムは8月16日、同社が提供するeoやmineoなどを利用するためのeoIDに対し外部からの不正ログインが判明したと発表した。

これは8月15日に、特定のIPアドレスからeoIDへ不正ログインを試みる事象を確認し判明したというもの。
不正ログインの発生期間は8月13日22時05分から8月15日21時00分までで、同社では該当IPアドレスからのログインを遮断する等の緊急措置を実施した。

同社の調査では、サーバーへのハッキングによるeoIDの流出は確認されず、パスワードリスト攻撃による不正ログインであることが判明したとのこと。

8月15日21時現在で不正ログインが確認されたユーザー数は6,458件で、住所、氏名、性別、電話番号、生年月日、メールアドレスなどが閲覧された可能性がある。なお、口座情報とクレジットカード情報はマスキングをしており流出はない。

同社では8月15日より、eoIDへの不正ログインが確認されたアカウントに関してはパスワードを変更しなければ利用できないよう対策済みで、該当のユーザーには個別にメールで連絡している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×