サイバー脅威リアルタイム可視化地図、日本語対応(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.17(金)

サイバー脅威リアルタイム可視化地図、日本語対応(カスペルスキー)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社カスペルスキーは7月30日、世界中で発生しているサイバー脅威をWeb上でリアルタイムに可視化する地図「Kaspersky Cyberthreat Real-Time Map(通称:サイバーマップ)」が、日本語を含む10カ国語に対応したと発表した。同マップは、同社製品が検知・ブロックしたサイバー脅威をリアルタイムに表示する地図。2014年4月より公開しており、今回の対応により、英語、日本語、中国語(簡体字)、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、トルコ語、フランス語、ポルトガル語、ロシア語の10カ国語に対応した。

マップでは、表示モード(3D表示と平面表示)や地図カラー(ダークとライト)の切り替えが可能なほか、地球儀を回転させて各地域を拡大表示することができ、インタラクティブにその地域における脅威動向の詳細を確認することができる。リアルにサイバー脅威を体感できるデモモードも用意され、ソーシャルメディアでシェアすることも可能。

表示できる脅威は、オンアクセススキャン(OAS)、オンデマンドスキャン(ODS)、Webアンチウイルス(WAV)、メールアンチウイルス(MAV)、侵入検知システム(IDS)、脆弱性スキャン(VUL)、カスペルスキーアンチスパム(KAS)、ボットネット活動の検知(BAD)の8種類。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×