2017年は破壊的な攻撃が増加--年次レポート(サイランス) | ScanNetSecurity
2020.06.02(火)

2017年は破壊的な攻撃が増加--年次レポート(サイランス)

サイランスは、「サイランス脅威レポート2017(Cylance 2017 Threat Report)」日本語版を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
Cylance Japan株式会社(サイランス)は7月26日、「サイランス脅威レポート2017(Cylance 2017 Threat Report)」日本語版を公開した。同レポートは、160カ国の政府機関や組織から得られたデータを元に作成されたもの。個々の業界におけるマルウェアの影響について解説するとともに、10大マルウェアファミリーについて掘り下げて解説している。

また、新たなサプライチェーン攻撃や、急増するランサムウェア攻撃とそれらの攻撃の影響を受ける主要な業界、暗号通貨のマイニングの増加、ウォレットスワイプ型トロイの木馬、ファームウェアやハードウェアの脆弱性など、その他の脅威の動向についても説明している。

注目すべきポイントには、「破壊的な攻撃が増加、ランサムウェアファミリは1年で3倍に増加し、特に医療業界に大きな影響」「2017年の攻撃の多くは、その発生の9カ月前から報告されていた既知の脆弱性を悪用」「最も一般的な感染ベクトルは、引き続きフィッシングメールとドライブバイダウンロード」「食品業界で多くの被害」を挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×